move on 前に進もう

アラフィフ女の自分探し。日々の生活、アンチエイジング、など綴ります。

サラウンドビューイング@丸の内ピカデリー に行ってきました。

こんにちは。

 

今日は、少女時代のサラウンドビューイングに行ってきました。

f:id:joe-pare:20170811200740j:image

 丸の内ピカデリー3は有楽町LUMINE2の3Fにありました。

12:15からだったので、昼食を食べていざ劇場へ。

 

劇場へ着くと入口でペンラを渡されます。

よくお祭りであるような真ん中をポキッと折って使う簡易的なやつです。

f:id:joe-pare:20170811224944j:image

 

劇場は割りと大きめなシートで座り心地良かったです。540席ありましたが、前の方は空いてたかな。

 

真ん前に巨大スクリーンと両側にもスクリーンがあり、3面鏡のような形になっています。

 

このスクリーンの使い方は3通りあって

 

まず、3つのスクリーンを全部使うタイプ。

これは会場全体を引き気味に映し出して、ピンクオーシャンを眺める時やメンバーが中央に全員揃っている時に大きく映し出す方法。

 

中央だけ別、両サイト同じ映像タイプ。

これは良くライブでありますよね。真ん中に全員、両側個人ってな感じ。またその逆もしかり。

 

3スクリーン全部別映像タイプ。

真ん中に個人を映して、両側は右方向から残りのメンバーを左方向からも残りのメンバーを映し出す方法。この映し方が1番このサラウンドビューイングの利点じゃないかと思いました。

 

大きく臨場感を出すのも利点ですが、3つも違った映像を1度に見る事ができます。メンバーの多いグループには嬉しい映し方だな〜と感じまた。

 

内容ですが、やはり韓国でのライブの少女時代はのびのびとしている感じを受けました。日本のライブでやらなかった韓国語の歌もあり、それが聞けてファンとしてはとても嬉しかったです。

 

また韓国のファンは必ず、ライブでメンバーが泣けるようなサプライズを用意してます。

 

最後の「また巡り会えた世界」のバラードバージョンの時にファンが一斉にピンクの紙飛行機を飛ばしました。それには「ずっと一緒だよ」っと韓国語でメッセージがか書かれていました。

 

そのサプライズを受けて、皆、涙ぐんでいましたが、ステージでは滅多に涙を見せないユリが泣いていたのが印象的でした。

 

サラウンドビューイング初体験でしたが、とても楽しかったです。

 

帰り新大久保へ行くと、お盆休みなので凄い人でした。BTSとTWICEだらけになっていましたが、少ない少女時代の商品を見つけては喜んでいまして。

 

そこで、この写真↓

f:id:joe-pare:20170811232110j:image

 

一緒に行ったソシペンの子に「この中に入れるとしたら、誰と誰の間がいい?」っておバカな質問をしたら、真面目にユナとテヨンの間って答えてくれました。

 

私もユナとテヨンの間も捨てがたいのですが、ユナとスヨンの間に入って、ユナの肩越しからテヨンを眺めたいです。変態ですみません。

 

皆さんはどこに入りたいですか?