読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

move on 前に進もう

アラフィフ女の自分探し。日々の生活、アンチエイジング、など綴ります。

コーヒー好き

こんにちは。

 

私はコーヒーが好きです。ブラックで飲むのが好きです。

 

コーヒーが好き過ぎて、随分前になりますがスタバのコーヒーセミナーを全てやり終え、カスタマーマイスターなる修了証みたいなのをもらいました。

 

今のスタバではたまにコーヒーセミナーをやっているのを見かけますが、前には初級、中級、上級とコースがありました。上級コースではスタバのグリーンのエプロンをつけささてもらったりしました。

 

コーヒーの知識やスタバの豆の種類や美味しいコーヒーの淹れ方やこのコーヒーにはこのお菓子が合うといったようにペアリングがあると、いろいろ教えてもらいました。

 

スタバで飲めるラテやらひと通り作り方も教わりました。

 

私はブラック派なので、カスタマイズしてシロップやフォームミルクなどを入れて楽しむことをあまりしません。砂糖やミルクを入れると胸焼けします。

 

なので、家族や友達にラテやらを作ってあげると喜ばれます。

 

コーヒー好きの仲間と知り合えたり、スタバのスタッフの方々とお話し出来てとっても楽しい時間でした。また再開しないかな〜なんて思っていますが。

 

コーヒー好きですが、うんちくを傾ける程、コーヒーに対しての知識がたくさんあるわけではありませんが、コーヒーの奥深さとか知識を得ようと思っていたら、この漫画が特におすすめです。

 

私も今、読んでいる途中ですが、ストーリーに出てくるコーヒーを飲んでみないな〜と思ったり、試してみたい技とか満載です。

 

本のタイトル通り、主人公は「僕はコーヒーがのめない」と公言していますが、実はコーヒーオタクでコーヒーを愛して止まないのですが、本当に美味しいコーヒーしか飲みたくないので、あえてそう言っているのです。

 

その気持ちすごくわかります。コーヒーを専門で取り扱っているカフェや喫茶店で飲むのはいいのですが、どういう状態でコーヒーを入れているのが分からない時、待合でサービスでの提供される飲み物は、私もあえてコーヒーは飲まず、紅茶やお茶にします。

 

最近では、コンビニでもドリップコーヒーが飲めるようになりましたね。またマックのコーヒーも味が格段に良くなりました。

 

以前マックのドライブスルーで店員さんがマイク越しに、「お砂糖、ミルクをお使いですか?」と言われ「ブラックで!」と頼んだら、横から息子が「私の心もブラックです。って言ってみな。」って言ってた会話が筒抜けで、店員さんが笑ってました。

 

私にとって、コーヒーは毎日欠かせないものです。ゆっくりコーヒーを豆から挽いて、香りを楽しみながらドリップする時間を日々持ちたいな〜と思います。