読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

move on 前に進もう

アラフィフ女の自分探し。日々の生活、アンチエイジング、など綴ります。

神頼み

こんにちは。

 

受験ジーンズ真っ只中。試験でどうしても分からない問題に直面したことはないですか?選択肢をどれにすべきか迷います。

 

そんな時は神頼み。江原啓之さんによれば、人には15人のガーディアンエンジェル(守護霊)がついているそうです。15人もいればその中に例えば数学で困っていたら数学が得意な人がいるかもしれないので、「どうか数学が得意な守護霊様教えてください」と心の中で唱えれば、す〜っと答えが分かる時があるそうです。

 

ほんと〜?って思うけど、切羽詰まってるならやってみる価値あるでしょう。受験真っ只中の息子にも伝えてあります。鼻で笑ってましたが。

 

息子は合格お守りを持っていきなさいと言っても、あまりそうゆう事は信じていません。

私はどちらかというと、出雲で育ったせいもあるのだけど、信心深いところはあります。

 

帰省すれば、必ず出雲大社にはお参りするし、何かあれば、氏神様にお祈りに行ったり、お礼参りはよくします。

 

また、よく友達のお墓参りにひとりで行きます。出雲にあるご先祖様のお墓にはお参り出来ないかわりに報告する事があれば友達のお墓参りをしてご先祖様に伝えて欲しいと頼みます。

 

先程の守護霊の話しに戻りますが、何かに守られてるな〜って思う瞬間ってないですか?私は結構あります。

 

小学生の頃、自転車の補助輪をつけたままあそびに行き、友達の家からの帰り道、坂を登ってました。その日はとってもお天気で気持ちよく、自転車をこぎながら、気持ちイイな〜と目をつむって漕ぎ進みました。私ってバカだよな〜って思います。

 

田舎の道なのでとっても急な登り坂、またガードレールもなく側面はコンクリートがむき出しのまま、下は砂利道で、断崖絶壁のような坂です。最初は真っ直ぐに進んでいたのですが、目をつむって斜めに進んだ為、補助輪が道から外れ自転車ごと坂の側面を転げ落ちました。

 

かなり登ったところからだったので、随分な高さから転げ落ちたのにも関わらず、擦り傷程度で済みました。落ちたショックで別に痛くもなかったのに大声で泣いて帰った記憶があります。

 

普段なら擦り傷では済まされない状況なのに、この時、私は守られてると実感しました。

 

それ以外にも、雪道を運転中、凍結した道で車がクルクルスピンしたのに丁度一台も車が通らなく事故にならなかったり、あわや交通事故になりそうなのに助かったり、信号がずっと青だったり、駐車場がいっぱいなのに、偶然直ぐに入れたりって事がよくあります。そんな時はありがとうございますって心の中で感謝しています。

 

江原さんの守護霊が15人いる説って本当かどうか分かりませんが、15人もいるって心強くないですか?それにひとりの時も私はひとりじゃないんだぁって思えて寂しくないし。自分にとって都合の良いところはとことん取りいれてます。

 

清水富美加さんが宗教団体に出家するって聞いてびっくりでした。人によってそれぞれ心の拠り所や救いの求め方は違います。

 

自分なりの心の拠り所を持つことは良いことだと思いますが、人に迷惑をかけたり、周りを巻き込んで、入りたくもないのに洗脳まがいの勧誘やらは絶対に嫌ですけどね。